追分梅園 観梅会

追分梅園のティピ

追分梅園観梅会が3月8日(木)から18日(日)まで開催されます。追分梅林はかつて、数千本の梅の木が植えられ、奈良の梅林として有名でしたが、10年ほど前に突然の水の滲出で、梅の木の多くが枯れる水災に見舞われ、その後、土地造成や梅の苗木の植樹など、地域の方々の復興にかけた努力によって、昨年から観梅会が開けるようになりました。でもまだ、梅園再開はほとんど知られていません。

今年は、チラシにあるように、10日間の期間を設け、奈良追分協議会が主催し、G&L共生研究所や近畿大学農学部学生有志が協力して野開催です。3月17日(土)と18日(日)には、大和橘の苗の植樹会も行います。記念植樹として、ぜひご参加ください。(両日先着20名様限りです。)両日は、若年認知症サポートセンターきずなやの農福連携の品物 や近畿大学の学生さんたちの温かい飲みもの店も出店します。

梅と橘は万葉集の時代から、その香りで多くの歌に詠まれています。平安時代には内裏の紫宸殿庭に「右近の橘、左近の梅(今は桜)」が植えられていたということです。梅林から少し上がると、アメリカインディアン住居として知られるテイピーが設置されたイベント広場があり、その周りに橘を植え、春から多彩なイベントが企画されています。大和橘は、日本の固有種ですが、絶滅が危惧されています。そこで、なら橘プロジェクト推進協議会を中心に、大和橘の復活と地域資源化が進められています。

再開された追分梅園観梅会に、大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

「吉野・熊野をつないだ偉人 岸田日出男の遺したもの」

平成30年度大淀町X奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所 連携シンポジウム「吉野・熊野をつないだ偉人 岸田日出男の遺したもの」が、平成30年12月9日(日)、大淀町文化会館において開催されます。

プロモーション映像として、岸田日出夫男が大峰山を踏査している貴重なフィルムが公開されます。講演として、1:紀伊山地の自然と人間(池田淳氏)、2:大和・紀伊半島学からみた岸田日出男(寺岡伸悟氏)、(3)岸田日出男資料の整理を通して(水谷知生氏)、(4)戦前の映画フィルムのここがすごい(柴田幹太氏)、の4つが行われます。最後のパネルディスカッション「岸田日出男から紀伊半島を深める」では、G&L共生研究所の大石がパネラーの一人として参加します。

 

 

第5回 大和橘収穫祭

第5回大和橘収穫祭が12月2日(日)13:30より、大和郡山市三の丸会館において、開催されます。奈良県環境県民フォーラム「やまと菜の花ねっと」が協賛、G&L共生研究所が後援しています。大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

『柳澤先生と語る会』vol.2 ~大和郡山の成立ちを知り、大和郡山の明日へ~

『柳澤先生と語る会』vol.2
大和郡山の成立ちを知り、大和郡山の明日へ

講師: 柳澤保徳氏
(郡山城史跡・柳沢文庫保存会副理事長/帝塚山大学特別客員教授/奈良教育大学名誉授)
日時: 2018年11月16日(金) 18:30~20:00
場所: ふくせ(大和郡山市柳4丁目 近鉄郡山駅から徒歩5分)
定員: 約20名(定員になり次第締切) 参加費: 無料
主催: K-Pool Project・G&L共生研究所

奈良の中近世の歴史を担う大和郡山の偉業を知り、
豊かな歴史、文化遺産に恵まれたわが町
大和郡山を誇りに、新たな町づくりへ。
大和郡山の歴史にご興味のある方は是非ご参加ください。『柳澤保申と明治初期の郡山』の話題を中心にお話しいただく予定です。
会場は、元履物屋「ふくせ」。地元NPOがリノーベーションを進めている商店街の中にある建物で奥に細長い元商家です。

 

奈良県北中部と奈良県南部の空家利活用事例と空家対策

本日、11月4日(日)、平成30年度奈良地域デザイン研究所第3回フォーラム「~空家の現状と利活用を考える~奈良県北中部と奈良県南部の空家利活用事例と今後の空家対策」が奈良市中部公民館において開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉田智史氏(地域デザイン研究員、不動産鑑定士)の「空家対策の現状と地域活性化」では、(1)空家問題とは何か、(2)空家の現状と将来予測、(3)中古住宅市場活性化と空家問題、(4)空家問題の論点と解決策の方向性、(5)物理的な判断に市場性の判断を加えていく、(6)中古住宅市場活性化と空家問題、(7)取り壊すことによって生まれる価値、(8)空家対策での住宅ファイル制度の活用方、(9)空家等対策計画の推進、と大変中身の濃いお話でした。

米村博昭氏(奈良県建築士会会長)は、「奈良県北中部と奈良県南部の空家利活用事例と今後の空家対策」題して、(1)奈良県の空家の現状、(2)空家の発生による問題、(3)空家となったきっかけ、(4)空家等対策の推進に関する特別措置法の概要、(5)建築士会での取り組み、(6)奈良県内の空家対策、(7)空家活用の事例、(8)活用の問題点、をお話になりました。

南達人氏(上市まちづくりの会リターンズ代表・南工務店代表取締役)は、「奈良県南和地域で始めた空家活用事例と地域への効果」と題して、三奇楼という旅館の空家を活用した地域起こしを「上市まちづくりの会リターンズ」の結成により行った成功例の報告でした。行政、地元住民、近畿大学建築学科の学生などが集まって、盛り上げているようです。一度、三奇楼へ行ってみたくなるようなお話でした。

 

追分PARKで、橘の苗の移植をしました。

追分PARKで、種から育てた橘の苗が雑草に埋もれていました。それを移植しようということになり、まずは、苗の周辺の草刈をしました。雑草の中から現れた橘の苗は、なかなか元気で、みずみずしい葉をつけているのもありました。種から育てた苗には大きなトゲがいっぱいついています。カラタチに接ぎ木するとトゲは小さくなるのですが、これらの苗はトゲだらけで、移植が大変で、普通の軍手では怪我をするので、革の軍手が必要でした。

この苗をスコップで掘り出し、ハーブのレイズドベッドの横につくった畝に移植しました。これは、葉を収穫して橘茶にする予定です。

残りの苗はポットに移植しました。これらは、香り豊かな観葉植物として活用できるのではないかと思っています。

去年、テイピ広場に植えた橘の苗も元気に育っています。遥かに奈良市街と青垣が遠望されます。

ブラテイスラヴア世界絵本原画展(BIB)

奈良県立美術館において、世界絵本原画展を開催しています。期間は、10月6日から12月2日です。スロヴァキア共和国の首都・ブラテイスラヴアにおいて、2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画展ということです。

第一部:BIB 2017 受賞作家

第二部:BIB 2017 日本代表作家

第三部:いま気になる絵本の国 中国、イラン、イスラエル、韓国

同時開催:野迫川村による連携展示「天空の國 のせ川モノがたり」

なかなか良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「超快適スマート社会」への挑戦

けいはんなイノベーション共創シンポジウム「「超快適スマート社会」への挑戦」をグランフロント大阪まで聞きに行ってきました。タイトルの胡散臭さと違って、研究開発報告は、とても良かったです。報告者からも快適ということの解釈や影響の難しさが指摘されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小西行郎氏の「赤ちゃんの心を知り育てる~その手法と活用~」は、タイトルからは想像できないお話でした。赤ちゃんの時の種々の環境、特に睡眠リズムがその後の発達障害(自閉症、ADHDなど)やさらに認知症にまで関係するというお話でした。赤ちゃん学の重要性が強調されていましたが、赤ちゃん学は自分には関係ないと思っていたのに、重要な課題だと認識しました。

神原誠之氏は、「人の心に寄り添うアフェクテイブロボットの開発」と題しての報告でした。この間、東京ビッグサイトで開催された「国際福祉機器展」で見てきた対話型ロボット「Palro」や「ロボホン」の話も出てきました。これらのロボットはこれからさらに進化していくでしょうが、介護福祉の世界では、重要な役割を果たすことになりそうです。さらに、他にも活用できると思っています。

佐藤弥氏の「無意識の感情を脳科学で捉える~基礎から応用へ~」も大変興味深いものでした。意識は氷山の一角で、その下に無意識の世界が存在していることは納得できます。種々の手法を用いて、無意識を科学的に研究している態度はとても素晴らしいです。高校や大学でぼくがやりたくて出来なかった研究が今やアプローチ可能になってきているのです。

 

自然環境セミナー:菜種栽培見学と山の辺の道ウオーキング

10月14日(日)、奈良県環境県民フォーラム自然環境分科会主催の「自然環境セミナー:菜種栽培見学と山の辺の道ウオーキング」が開催されました。天気にも恵まれ、快適なウオーキング日和となりました。山の辺の道は、大勢の人々がウオーキングを楽しんでいました。昼食をとった天理市トレイルセンターでは、外国人観光客も大勢来ていて、国際色豊かな憩いの場所となっていました。


JR柳本駅に集合し、久保田有氏の案内で、黒塚古墳から始まり、山の辺の道周辺の行燈山古墳(崇神天皇陵)、渋谷山古墳(景行天皇陵)などを見て回りました。黒塚古墳では、多数出土した三角縁神獣鏡について説明を受け、日本では、多くの三角縁神獣鏡が見つかっているのに、中国では全く見つかっていないということを知りました。卑弥呼が中国の魏から贈られたとする100個の銅鏡(魏志倭人伝)との関係がどうなっているのかというミステリーに興味がわきました。改めて奈良の歴史の深さに感銘を受けた1日でした。また、山の辺の道では、山の辺の道ファンクラブが行っている、菜種栽培、綿栽培(菜種の裏作として栽培)について説明を受けました。そして、皆で台風で倒れた綿を支柱で支えました。大和橘栽培の状況なども、なら橘プロジェクト推進協議会の活動について説明を受けました。

JR柳本駅前で                  黒塚古墳

 

 

 

 

 

 

山の辺の道沿いのコスモスと綿        柿本人麻呂の歌碑

 

 

 

 

 

 

長岳寺五智堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良地域デザイン研究所 中間発表が行われました

10月13日(土)、奈良市佐保川地域ふれあい会館1階大会議室において、「奈良地域デザイン研究所 中間発表」が行われました。発表者は、(1)深町元子氏:音楽教材を使った子供の人間教育」、(2)藤田 茂氏:歴史から探る「大和の美食」でした。

深町氏は、ベビーソルフェージュという観点から、音符カード、色音符カード、動物音符カード、音感カードなど多彩なカードを用いて、幼児の音楽基礎能力を養うという研究について熱心に発表しました。興味深い研究でした。聴衆からも活発な議論がありました。

次に、藤田氏が発表しました。奈良の平城京の食についての発表でした。当時の料理の復元の話から、奈良に「うまいものなし」と言われているが、そうではないことを証明したいということでした。特にカツオが静岡県の焼津から平城京の都に送られていたという木簡が出てきていることから、そのルーツを求めて焼津までツアーをするということの紹介がありました。聴衆との議論では、福井から平安京への鯖街道のことや大和橘の復興を目指す「なら橘プロジェクト推進協議会」のことなどが話に出ました。

 

 

 

 

Green Gift 地球元気プログラム 年間振り返り全国会議

10月11日(木)東京海上火災日動保険株式会社本店新館15階会議室において、上記会議が開催されました。主催は、日本NPOセンター、東京海上火災日動火災保険株式会社、環境省地球パートナーシップ(GEOC)、各地方環境パートナーシップオフィス(EPO)です。北海道から九州までの各県で「Green Gift 地球元気プログラム2017-2018」に参加した環境関連の活動をしているNPOなどの団体が集まりました。まずは、主催者側の東京海上火災日動、GEOC、EPOちゅうごくの3者によるトークが日本NPOセンターの司会により行われました。特に、国連が推進しているSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)との関連や今年地震や台風による災害との関連が議論されました。

その後、「Green Gift Cup:ココがすごい!私たちの工夫」と題して、「次世代へのギフト」、「ステークホルダーへのギフト」、「地域へのギフト」の3つのグループに分かれてグループディスカッションを行いました。奈良からは、黒飛(宙塾(おおぞらじゅく)理事長)が「ステークホルダーへのギフト」のグループに、大石(宙塾理事)が「次世代へのギフト」のグループに参加しました。各グループで投票により、グループ代表を決め、各グループ代表が「ココがすごい!私たちの工夫」について発表しました。奈良県の宙塾の取り組みは「ステークホルダーへのギフト」のグループ代表として、「Green Gift Cup:ココがすごい!私たちの工夫」の第一位に選ばれました。奈良県内各地で活動している菜の花プロジェクトの各団体とコラボして、県や市との連携のもと、小中学校の地域教育協議会、地区自治会、追分協議会とコラボした活動であること、また、子供たちに循環型社会のモデルとして菜の花栽培に参加してもらい、環境学習を行うともに、菜種油を燈明油として寺社に奉納し、世界平和について祈願してもらうことを通して、歴史・文化の学習につなげるESDも行なっていることが評価されました。