追分梅園 観梅会

追分梅園のティピ

追分梅園観梅会が3月8日(木)から18日(日)まで開催されます。追分梅林はかつて、数千本の梅の木が植えられ、奈良の梅林として有名でしたが、10年ほど前に突然の水の滲出で、梅の木の多くが枯れる水災に見舞われ、その後、土地造成や梅の苗木の植樹など、地域の方々の復興にかけた努力によって、昨年から観梅会が開けるようになりました。でもまだ、梅園再開はほとんど知られていません。

今年は、チラシにあるように、10日間の期間を設け、奈良追分協議会が主催し、G&L共生研究所や近畿大学農学部学生有志が協力して野開催です。3月17日(土)と18日(日)には、大和橘の苗の植樹会も行います。記念植樹として、ぜひご参加ください。(両日先着20名様限りです。)両日は、若年認知症サポートセンターきずなやの農福連携の品物 や近畿大学の学生さんたちの温かい飲みもの店も出店します。

梅と橘は万葉集の時代から、その香りで多くの歌に詠まれています。平安時代には内裏の紫宸殿庭に「右近の橘、左近の梅(今は桜)」が植えられていたということです。梅林から少し上がると、アメリカインディアン住居として知られるテイピーが設置されたイベント広場があり、その周りに橘を植え、春から多彩なイベントが企画されています。大和橘は、日本の固有種ですが、絶滅が危惧されています。そこで、なら橘プロジェクト推進協議会を中心に、大和橘の復活と地域資源化が進められています。

再開された追分梅園観梅会に、大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

「生命の起源および進化学会」第44回学術講演会

「生命の起源および進化学会」第44回学術講演会が、3月18日~20日で、国立天文台・三鷹キャンパスにおいて開催されました。

池原健二氏は、「tRNAの起源ーアンチコドンステムループ仮説  (The Origin of tRNA-Anticodon stem-loop hypothesis-)と題して講演しました。tRNAの起源に関する研究が進んできたことは、生命の起源に関する研究のステップアップにつながることと思います。また、セッション4での座長もしました。セッション4では、「GADVアミノ酸セットにグルタミン酸が加わることによる構造生物学的意味」という講演もありました。残念ながら、まだまだRNAワールド的研究として、リボザイムにとらわれている研究が多いようです。

シンポジウムは、JAMSTECの高井研氏がコンビーナーで、「今、そこにあるアストロバイオロジー」と題して行われました。アストロバイオロジーセンターができて、その盛り上げということも含めて、4つの講演とパネルディスカッションが行われました。講演は、小松勇氏「前生物的な化学反応の理論的解明」、鈴木大輝氏「隕石/彗星が初期地球にもたらした宇宙由来有機分子の生存率」、菊池早希子氏「初期火星におけるハビタビリテイ」、藤島晧介氏「アストロバイオロジー研究の新提案」でした。

しかし、アストロバイオロジーの目的が、地球外惑星に、生命物質(有機物や水、場合によってはバクテリアなど)の探索を行うことがメインのようで、地球こそが宇宙の中で、生命誕生に適していて、そこで生物が進化してきたことを無視しているように思えます。RNAワールド仮説による生命の起源研究の行き詰まりを打開できず、仕方なく地球外に希望をもとうとしているようです。セントラルドグマ形成の過程、代謝の起源、細胞の起源を真剣に考えるのであれば、池原健二氏の提唱する「GADV仮説」を中心に「tRNAの起源」、「代謝の起源」、「細胞の起源」を理論的にも実験的にも検証していくことが必要でしょう。

 

 

Green Gift 地球元気プログラム 自然体験プログラム

Green Gift 地球元気プログラム「自然体験プログラム」で、「「菜の花と橘で結ぶ記紀万葉の道巡り」を行いました。雨模様の中でしたが、60名ほどが霊山寺に集合し、まずは、霊山寺の説明を聞き、本堂前で、菜種油の奉納を行いました。

 

 

 

 

 

 

霊山寺からは、徒歩で追分梅林まで歩きました。幼稚園から小学校までの子供たちも元気に歩いてくれました。追分梅林では、観梅会に参加する予定でしたが、雨が降ってきたので、屋根のある会場へ急ぐことになり、子供の森まで歩いて行きました。

子供の森では、まずは、近畿大学や奈良県立大学の学生さん、森づくり奈良クラブのおじさんたちに竹の切り方を教わって、竹の中にご飯をつめて、竹ご飯を作りました。


お昼には、菜の花やかぼちゃの天ぷらも作ってもらいました。食事が終わってからは、富雄の地域の古い歴史を題材にした紙芝居を見たり、子供の森の自然の説明を聞いたり、木工細工などをして楽しみました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム2019

奈良女子大学・奈良工業高等専門学校・奈良県立大学による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム2019 共創郷育:「やまと」再構築プロジェクト~奈良から発信する地方創生の道~」が奈良女子大学記念館で開催sれ、参加しました。

それぞれの大学の学生たちによる事例報告は、なかなか良かったです。さらに第二部のパネルディスカッション「これからの奈良に何が必要か~未来を担う若者の役割」では、元気の良い三人の学生さん、と奈良県地域振興部次長(奈良女子大学OG)の谷垣氏、株式会社マックスの大野社長をパネリストとして、有意義なパネルディスカッションでした。企業や自治体からの意見、学生たちの意見などが明確に出た素晴らしいパネルディスカッションでした。


少々残念だったのは、全体テーマの副題である「奈良から発信する地方創生の道」の奈良からの発信があまり見えなかったことです。

 

 

Green Gift 地球元気プログラム「菜の花と橘で結ぶ記紀万葉の道巡り」

Green Gift 地球元気プログラム「菜の花と橘で結ぶ記紀万葉の道巡り」が3月10日(日)に開催されます。霊山寺駐車場に集合し、霊山寺に菜種油の奉納をします。その後、追分梅林までウオーキングで行き、観梅会に参加したり、竹ご飯を作ったりします。また、菜の花の天ぷらもあります。子どもの森では、森林のお話や木工体験もできます。

 

 

 

追分梅園で観梅会が開催されます

今年も梅の季節が近づきました。追分梅園では、3月1日(金)から3月17日(日)、10時~15時、観梅会が開催されます。梅林では、紅白の梅が少し咲き始めました。OIWAKE PARKには、テイピテント、焚火場、バーベキュー広場、大和橘園、ハーブ園、ドッグラン、があります。なないろカフェでは、コーヒーやソフトクリームでゆっくりできます。土日には、バターチキンカレー、ハーブドリンクなどの屋台が出店します。

大勢の皆様もお越しをお待ちしています。

 

OIWAKE PARKで冨神楽

冨神楽は毎月第四土曜日に、OIWAKE PARKで開催されます。今月の冨神楽は、2月23日(土)です。奈良市街や若草山、大和青垣を一望にできる追分梅園のある場所に、OIWAKE PARKはあります。天気の良い日に、1日中、何もしないでぼーっとして過ごせるステキな場所です。大和橘やハーブに囲まれて、ゆっくりしませんか?

 

「きれいに暮らす奈良県スタイル」推進協議会総会

2月13日(水)、「きれいに暮らす奈良県スタイル」推進協議会総会が奈良ホテルにおいて開催されました。1.開会、会長の荒井奈良県知事による挨拶に始まり、2.「平成30年度きれいな奈良県づくり功労賞」表彰状授与、3.事例発表(受賞者による活動紹介)、4.「きれいに暮らす奈良県スタイル」行動計画の進捗状況説明、5.意見交換、6.閉会、の式次第で無事終了しました。NPO法人などの活動団体、企業等、学識経験者、県会議員、国の施設、市町村、県の事務局等総勢100名近い会合でした。

受賞した団体は下記で、大和川の清掃や県内の美化のために一生懸命活動していることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きれいに暮らす奈良県スタイル」行動計画の進捗状況説明では、重点プロジェクトとして下記の報告がありました。

1.「大和川のきれい化」推進:〇清流復活への取り組み促進(全国ワースト上位ランキングからの脱却)、〇きれいな水辺空間づくり。

2.「奈良らしい景観づくり」推進:〇「なら四季彩の庭」づくり(奈良県植栽計画の推進)、〇都市、沿道景観の形成。

3.「循環型の生活スタイル」推進:〇ごみ減量化の促進、〇ごみの広域・共同処理の促進、〇不法投棄等の撲滅、〇地球温暖化防止対策の促進。

 

奈良の未来を語るフォーラム~地域デザインの手法と実践~

奈良地域デザイン研究所主催の「奈良の未来を語る~地域デザインの手法と実践~」が奈良市中部公民館で開催されました。

第一部:基調講演は、奈良地域デザイン研究所理事長の村内氏が「地域デザインの考えとその手法」と題して行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部 研究員による研究報告は、下記の通りでした。活発な質疑応答もあり、充実した発表会でした。

1.岡本道康 「森のねんどの人形展」川本邸での展示

2.大浦悦子 「みんなでつくる福祉地図」

3.景山康幸 「奈良の闇の文化」

4.武智 功 「歴史・文化を活かした地域の活性化」

5.南 哲朗 「元興寺の庚申信仰」

6.深町元子 「大切な命を輝かせて生きるために」

7.藤田 茂 「歴史から探る大和の美食」

 

 

 

誰も取り残さない 地域共生社会へ!

第29回奈良県生協大会「誰も取り残さない 地域共生社会へ!~SDGsの目指すものと私たちの役割~」が、奈良ロイヤルホテルにて開催されました。主催は、奈良県生活協同組合連合会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基調講演は、「SDGs市民社会ネットワーク」代表理事の黒田かをり氏が「SDGs・パートナーシップ・地域社会・生協への期待」と題して行いました。最近、国連が提唱する「SDGs」すなわち「持続可能な開発目標」への取り組みがいろいろな所でなされるようになりました。黒田氏は、「SDGs」の説明から始め、その推進について、市民活動のモデルである生協への期待を述べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に奈良県内での事例紹介がありました。まずは、十津川村の「持続可能な森林保全及び観光振興による十津川村SDGsモデル構想」で十津川村総務課の川本悠氏が発表しました。十津川村が日本一広い村とは知りませんでした。その十津川村がSDGsモデル構想を打ち出しているとは驚きでした。さらに、川上村に一般社団法人「かわかみらいふ」なるものができて、まさに「SDGs」を実践していることにもびっくりです。災害や少子高齢化など多くの問題を抱えている紀伊半島の村々がこのように、地球の未来を展望する「SDGs」を実践していることは、紀伊半島研究会の重要な課題となりえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、SDGsへの大学生協の取り組みとして、奈良教育大学生協学生委員長の大濱氏が「大学生協の取り組み」と題して発表しました。奈良県内の大学、奈良教育大学、奈良女子大学、奈良県立大学などがSDGsへ向けた取り組みをしていることは、若者が地球の未来に危機意識をもって、活動していることがわかり、頼もしい限りでした。

 

「よみがえれ!大和橘」トーク&展示&マーケット

なら橘プロジェクト推進協議会監修、京阪奈情報教育出版発行の「よみがえれ!大和橘ー絶滅の危機から再生へー」出版記念「トーク&展示&マーケット」が啓林堂書店奈良店において、1月20日(日)に開催されました。トークは、なら橘プロジェクト推進協議会会長の城健治氏、本の執筆に関わった方々が行い、出版された本や橘の実がついて枝の展示などがされました。また、橘を使った製品として、草木染、橘こしょう、橘ポン酢、ジンなどが展示販売されました。

トークは、奈良情報教育出版の加藤さんの司会で、まず城会長が資料をもとに、大和橘の歴史やなら橘プロジェクト推進協議会の活動について説明し、それらの集大成として、今回、「「よみがえれ!大和橘ー絶滅の危機から再生へー」の出版に至ったことをお話しました。その後、小西通りでイタリアンレストラン「ボルゴ・コニシ」を経営している山嵜シェフが橘の苦みがイタリア料理に実によく合うことで、日本発で世界に通用する素晴らしい食材であることをお話しました。次に、奈良県産業振興総合センターの清水氏が成分分析を通して、橘の抗酸化能、抗認知症、抗がん作用などの薬効についてお話になりました。