合同会社 O-LIFE開業式

近畿大学農学部の学生が設立した「合同会社 O-LIFE」の開業式がOIWAKE PARKで開催されました。天気もよく、春らしい暖かい日となり、素晴らしい開業式となりました。受付は、駆け付けてくれた近畿大学農学部の後輩達がやり、会場準備は、追分協議会の黒飛実氏が担当しました。

林教授の司会で、まずは、吉本雄大代表社員、そして、嶋村育海副代表の決意表明がありました。学生ベンチャーとして、追分梅園を中心として、梅、橘、ハーブ、夏みかんなどの栽培を農福連携のユニバーサル農法を推進してくれます。追分協議会を代表して、若年性認知症サポートセンター「きずなや」の若野達也氏の挨拶、そして、来賓として株式会社老松の太田達社長の挨拶がありました。追分に新しい風が吹くことが期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください