地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム2019

奈良女子大学・奈良工業高等専門学校・奈良県立大学による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム2019 共創郷育:「やまと」再構築プロジェクト~奈良から発信する地方創生の道~」が奈良女子大学記念館で開催sれ、参加しました。

それぞれの大学の学生たちによる事例報告は、なかなか良かったです。さらに第二部のパネルディスカッション「これからの奈良に何が必要か~未来を担う若者の役割」では、元気の良い三人の学生さん、と奈良県地域振興部次長(奈良女子大学OG)の谷垣氏、株式会社マックスの大野社長をパネリストとして、有意義なパネルディスカッションでした。企業や自治体からの意見、学生たちの意見などが明確に出た素晴らしいパネルディスカッションでした。


少々残念だったのは、全体テーマの副題である「奈良から発信する地方創生の道」の奈良からの発信があまり見えなかったことです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください