ビジコン奈良2019 決勝大会でO-LIFEが南都銀行賞

ビジコン奈良2019決勝大会が1月19日(土)、ならまちセンターで開催されました。IoT部門で4名、奈良創成部門で6名のファイナリスト10名による決勝大会でした。奈良追分協議会のO-LIFEの吉本君も奈良創成部門ファイナリストとして参加しました。発表のタイトルは、「レイズドベッドによる生産場の拡大」でした。さすが、160件ほどの応募から勝ち残ったファイナリスト達だけあり、なかなかのレベルの発表でした。その結果、知事賞は、木谷一登氏の「市場初の純奈良県産ワインの製造」、審査員賞は、「ドローンボール ~ドローンが安全、正確に離発着するための発着装置」でした。吉本君は、大いに健闘し、3番目の南都銀行賞となりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください