匠の環 それから

「匠の環 それから」が奈良県文化会館小ホールにて開催されました。主催は、奈良県地球温暖化防止活動推進センター・NPO法人奈良ストップ温暖化の会(NASO)です。2018年のテーマは、「地球温暖化(気候変動)から災害における防災・減災について考える」です。

奈良ストップ温暖化の会理事長の坪内氏が、開会を宣言しました。

話題提供として、副センター長の当麻氏が「地球温暖化対策(気候変動適応法)について」と題して、お話がありました。ゲストトークは、大阪ガス、大和ハウス、ならコープの三社からそれぞれのの取り組みが紹介されました。

ポスターセッションでは、奈良県環境県民フォーラムからポスター展示をしました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください