明治維新とは何か?-世界史の中の明治維新ー

表記の講演が、本日、奈良女子大学で開催されました。主催者の小路田奈良女子大学副学長が、講師の小風秀雅立正大学文学部教授を紹介しました。「明治維新とは何か?」のセミナーは、シリーズで行われてきて、今回は第4回でした。明治維新というものが、世界の中でどのような意味をもつのかという興味深いものでした。日本にとっての不平等条約の話が中心でしたが、ヨーロッパ(イギリス)中心の世界から、アメリカのペリーが日本に開国を迫ったことにより、アメリカが太平洋を西へ来ることができるようになり、アメリカが世界の中心になったという見方は面白かったです。

小さくて、その上ピンボケで、見にくいのですが、小風氏の後ろのパワーポイントの絵は、アメリカの平原を西へ西へと移動する幌馬車や汽車そして、それを先導する女神です。東に大西洋、西に太平洋が描いてあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です