第9回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式と京都環境文化学術フォーラム

2月10日(土)、国立京都国際会館において、第9回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式と京都環境文化学術フォーラムが開催されました。受賞者は、「Agroecology(農業生態学)」で知られる、ミゲール・A・アルテイエリ氏、「コモンズ研究」で知られる、マーガレット・アン・マッキーン氏、「成長の限界」で知られる、デニス・L・メドウズ氏でした。受賞講演は、いずれも印象深いものでした。特にアルテイエリ氏の農業生態学は、追分梅園での農業に活用できるのではないかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です