Direct evidence of the GC-NSF(a) hypothesis on creation of an entirely new gene/protein

池原健二博士と大井良子氏による下記論文は、Current Proteomics, Volume 14 , 2017に掲載されました。そして、下記URLにおいて、報道公開されています。

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-11/bsp-deo111517.php

Public Release: 15-Nov-2017
Title: Direct evidence of the GC-NSF(a) hypothesis on creation of an entirely new gene/protein
This article by Dr. Kenji Ikehara and Dr. Ryoko Oi has been published in Current Proteomics, Volume 14 , 2017
Bentham Science Publishers


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です