追分梅・橘園にテイピーが設置されました

追分梅・橘園では、梅の他に橘、大和当帰、キイチゴなどを植えてありますが、今回、アメリカインデイアンの住居であるテイピーが設置されました。まわりには木製のテーブルも配置され、子供たちが訪れて、遊びまわることができるようにしてあります。

橘の苗もまわりをきれいに草刈をしてもらって、元気に育っています。イノシシが土を掘り返すので、まわりにイノシシよけの柵も設置しました。

ここは、まだまだ広い土地がありますので、菜の花、タンポポ、バラなども栽培する予定です。近畿大学の学生達と「きずなや」の若年性認知症の方々も参加し、農福連携のユニバーサル農業を推進する予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です