奈良地域デザイン研究所「研究員の中間発表会」

10月7日(土)「研究員の中間発表会」が読売新聞奈良支局で開催されました。村内代表の挨拶の後、下記のプログラムで行われました。

13:00 「研究の進め方について・・・」 大石(アドバイザー)

13:30 「オマーンとの交流」 砥綿

14:00 「空き家の発生原因と利活用の道筋(奈良市について)~地域活性化と地価・地域経済指標との関係から見えてくるもの~」  倉田

14:30 「音楽を効率よく学ぶために~音感カードの効果はあったか~」 深町

15:00 「奈良町のお寺の活用事例」坂本

15:30 「歴史・文化をふまえた地域の活性化(新しい伝統行事の創出)」 武智

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です