5月の風コンサート

奈良学園前アートサロン空において、「5月の風コンサート」が開催されました。97歳のピアニスト山本幸代さんを囲んでのコンサートで、G&L共生研究所の木村都氏が「奈良女性史研究会20周年記念誌」に掲載した山本幸代さんへの聞き取り調査報告「97歳のピアニストー自らを律する音楽に生きるー」の別刷をもとに山本幸代さんを紹介しました。その後、プログラムにあるように盛沢山の演奏、独唱が行われました。97歳のピアニストが奏でるドビュシューの「夢」が良かったです。88歳のバリトンは、中島重徳氏(元近畿大学医学部奈良病院長)で、矢吹直美さんの伴奏で歌った、ドイツリートが良かったです。川本匡史氏のピアノは素晴らしかったです。丹羽孝子さんと川本氏の連弾は、とても気の合った演奏でした。5月の薫風のような演奏・独唱をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です