2017年度第1回奈良地域デザイン研究所デザインカフェ

2017年度第1回奈良地域デザイン研究所デザインカフェが物集女において、513日に開催されました。約60名が参加して盛会となりました。最初に、村内代表から研究所の目的や構成について説明がありました。次に、デザイントークとして、前生駒市長の山下真氏が「奈良の未来をどうデザインすべきか?」と題して行いました。人口動態、観光客の推移、住みよさ、経営革新度、住宅状況、起債残高、などをもとに奈良市の緊急課題についてお話がありました。その後、研究員とアドバイザーの紹介があり、懇親会となりました。NPO法人、会社員、大学生、地域デザインスクールの高校生や中学生、大学や中学校の教員、県会議員、芸術家、デザイナー、コミュニティー放送関係者など地域で活躍している方々の賑やかな交流の場となりました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です