菜種油の魅力

大和郡山市の良い食品処「さとなか」において、食の語り部プロジェクト「まちなかテイーサロン」が開催されました。大石が「菜種油の魅力」と題して講演しました。約25名の参加者の方々には、熱心に聞いていただき感謝いたします。日本や世界での菜の花栽培や菜種油生産の状況から始め、奈良県での菜の花栽培の現状などをお話ししました。循環型社会のモデルとしての菜の花栽培、去年の4月に奈良で行われた「第16回全国菜の花サミット in やまと」の話、この4月に福島県南相馬市で開催される第17回全国菜の花サミット in 南相馬」の紹介などもしました。菜の花による放射能汚染の除去、東日本大震災で被った東北地方の塩害除去などについても効果があるという研究も示しました。菜種油とオリーブ油、ひまわり油、エゴマ油等々との比較や菜種油を用い料理レシピなども紹介しました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です