第3回 G&L共生研究所けいはんなラボセミナー

第3回 G&L共生研究所けいはんなラボセミナーを国立国会図書館関西館・共同研究室2において開催いたします。日時は、2017年2月8日(水)13:30~15:30です。

講演1「生命の起源に関するGADV仮説とGC-NSF(a)新規遺伝子生成仮説について」         池原健二(奈良女子大学名誉教授・国際高等研究所フェロー・G&L共生研究所室長)

講演2「バイオインフォマティクスの手法によるGC-NSF(a)新規遺伝子生成仮説の検証」  大井良子(G&L共生研究所特別研究員)

お申込みはメールで。但し当日参加も可。無料

申込先:大石 正(e-mail:oishi@cc.nara-wu.ac.jp)。なお、会場に入るには国立国会図書館の利用カードが必要です(当日図書館受付にて作成可能)。

関西館の蔵書や契約データベース、公衆無線LANのある環境を活かし、生命起源についてのデイスカッションを深めましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です