みんぱくで秋季企画展「身につけるもの」が開催中です(~11/29)

奈良県立民俗博物館では、 明治~昭和30年代の和服が日常の中にありふれていた時代の、庶民の衣生活を振り返りながら紹介展示する企画展を開催中です。

昔からの衣類には、その土地土地の風土や生活習慣が刻み込まれています。現代と過去の生活の差を「衣」を通して感じながら、いつの間にか忘れ去られてしまっている大切なものを掘り起こしてみるのも楽しいかもしれません。

日時 : 2015年10月3日(土)~11月29日(日)
場所 : 企画展示室
内容 :  ときに応じた服装、 はきもの・かぶりもの、 装身具

詳細はサイト参照 → http://www.pref.nara.jp/item/145896.htm#moduleid39775


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です