「ならまち特別演習」

奈良大学地域連携教育研究センタープロジェクト「ならまち特別演習」が8月6日(木)に奈良町資料館において開催されました。奈良大学の西道実教授と和歌山放送の花井デイレクターの指導で、学生が「ならまち」に関するラジオのレポート番組をつくるというプロジェクトです。学生17名が3班に分かれ、「ならまち」周辺で取材演習を行い、その結果が発表されました。「ならまち」の古いお菓子屋の「砂糖傳増尾商店」、「なら格子の家」、「菊岡漢方薬局」、「御霊神社」、「銭湯」などを取材し、また、観光客などの話も聞いた結果を発表してくれました。「ならまち」を訪れたのは初めてという学生達でしたが、取材を通して奈良の良さの発見があったようです。

 DSC_0125

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です