大和郡山市の養魚面積について

割と至るところ、金魚畑です

割と至るところ、金魚畑です

大和郡山市における養魚面積は……はっきりしません。手元の資料にバラつきが大きくて。おそらくどの調査時期のデータを引っ張ってきたかによるのだと思いますが……はっきりしません。手元の市役所の資料によると、おおよそ90~140haです。
甲子園球場の大きさでいうと(東京ドームではなく、甲子園球場です)、スタンド・施設も含めた甲子園球場の総面積が3.85haらしいので、実に甲子園球場23~36個分くらいになります。やはり広大な養魚面積です。
それでも、20年前から比べると、少しですが養魚面積が減ったような気がします。
街の発展もありますが、のどかな金魚の養魚池風景も大和郡山の大きな魅力だと思いますので、あまり減ってほしくもないなぁというのが身勝手ながらの心情ですね。

~きんぎょCafe 柳楽屋にて掲載していた記事を転載~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です