奈良県よろず支援拠点 第2回 売上拡大セミナーに参加しました。

本日(11月20日)、ホテル日航奈良で開催された「奈良県よろず支援拠点 第2回売上拡大セミナー」(主催:公益財団法人 奈良県地域産業振興センター)に参加しました。第一部の講演は、一般社団法人ノオト代表理事の金野幸雄氏が「地域の歴史的建築物・食文化・生活文化を活かした新しい産業の創造」と題して行いました。創造都市ネットワーク日本(CCNJ)に参加し、ユネスコ創造都市ネットワークの「クラフト&フォークアート」分野に申請中の篠山市を中心としたお話でした。特に丸山地区での空家古民家を活用した活動は面白かったです。

第二部セミナーは、「伝統産業と技術革新/地域資源を活用した新たなふるさとの名物づくり」と題して中小機構近畿本部の刀根浩志氏が司会をし、光洋製瓦株式会社代表取締役社長の笹田奈都子氏と京丹後のうまし宿「とト屋」女将の池田香代子氏のお話でした。二人の勇敢なる女性が、中小機構と相談しながらいかに自分の会社と伝統産業を海外に飛躍することにより発展させたり、地域の自然資源を活用した旅館業を発展させてきたかのお話でした。

NCM_0588

大和郡山の城下町は、特徴jのある商店街、多くの神社仏閣、金魚の池や資料館、旧花街の面影を残す建築や豪華な呉服屋などの建築など地域資源がいっぱいあります。何とかこれらの資源を活用して創造都市ネット0ワークに参加し、FITにつなげられないかと思った次第です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です