金魚サミット in 大和郡山

本日(10月19日)金魚サミットシンポジウムがやまと郡山城ホールで開催されました。基調講演は、荒俣宏氏で演題は、「金魚の歴史に想いをはせる」でした。パネルデイスカッションは「金魚、人、まち、夢、つなげて未来行」と題して行われました。なかなか熱のこもったデイスカッションが行われました。上田大和郡山市長に金魚生産や金魚ちょうちんで知られる3つの市や町、愛知県弥富市長、熊本県長洲町長、山口県柳井市長が参加されました。そして、東京の金魚問屋「金魚坂」の吉田さん、金魚アーテイストの西嶋さん、やまと錦魚園の嶋田さん、大和郡山市商工会青年部長の八尾さん、講演者の荒俣さんが加わり、疋田文明さんのコーデイネイトで興味深いシンポジウムとなりました。

金魚シンポ075NCM_0543

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です