奈良県「環境を考えるシンポジウム」

奈良県「環境を考えるシンポジウム ~「もっときれいな奈良県」を目指して~」が8月2日(土)奈良県新公会堂において開催されました。奈良県環境県民フォーラム自然環境フォーラムとしては、やまと菜の花ネットとして「菜の花プロジェクト」と「橘プロジェクト」の展示を行いました(写真)。基調講演は、高木美保氏の「私が考える地球に優しい暮らし方」があり、その後、パネルデイスカッション「きれいに暮らす生活スタイルとは?」がありました。コーデイネーターは、花田眞理子大阪産業大学教授、パネラーは、賀来宏和氏(都市環境プロデユーサー)、井原縁氏(奈良県立大学准教授)、山本浩扶臣氏(なら燈花会の会会長)でした。なかなか力のこもったパネルデイスカッションでした。

環境シンポ1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です