国際学会「ORIGINS2014」が開催されました

7/6(日)~7/11(金)に、奈良県新公会堂において国際学会が開催されました。世界各国から約400名の研究者が参加、日本からの研究者や若い学生さんの姿も多くみられました。日々熱気あふれる発表、意見交換がなされ、ここから新しい理論や発見が発信されるのではないかと思いました。C&L研究所の大石所長も実行委員として参加、また学会委員長は放送大学奈良学習センターの池原健二所長でした。池原委員長は生命の起源についての新しい理論を展開されています。

学会については

http://www.origin-life.gr.jp/origins2014/index.html

池原所長の生命の起源論については

http://ikehara-gadv.sono-sys.net/  をご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です