G&L共生研究所とは

G&L研究所に関する概要説明を記載しています。

大石 正(おおいし ただし)

director
(略歴)

奈良女子大学名誉教授
奈良佐保短期大学前学長

(役職)

  • 奈良県環境県民フォーラム会員
    自然環境分科会・やまと菜の花ネット代表
  • なら橘プロジェクト推進協議会会員(リンク
  • NPO法人 Yoshino Heart 理事長(リンク
  • Origins 2014: Local Organizing Committee member(リンク

本研究所は、グローバルな視野とローカルな視点に立ち、自然、生活、文化に関して、よりよい未来社会構築と発展のために資する案を提言し、実行することを目的といたします。その目的を達成するために、以下の活動を行っています。

設立日2013年3月1日
所在地奈良市法蓮町956-11
人員構成(役員)
  1. 所長 1名

  2. 副所長 1名

  3. 事務局長 1名

  4. 運営委員 若干名
    主な活動内容
    1. 地球環境、自然、生活文化、社会活動などの調査・研究と、それらを保全・継承・改善するための提言と実践

    2. 研究者相互の情報交換、研究課題の検討等を通じての交流

    3. 自主的な研究開発・調査および受託事業としての研究・調査

    4. 交流会、研究会、講座、フォーラム、シンポジウム等の企画と設営

    5. 自治体、教育機関、福祉施設、地域住民、企業、団体等の、地域社会振興と活性化のための事業に協力し、事業遂行に関わる企画・提案

    6. その他、目的達成に必要な活動と事業

    本研究所の規約(PDFファイルが開きます。2017年5月18日改訂)

    2016年度(PDFファイルが開きます)