奈良の未来を語るフォーラム~地域デザインの手法と実践~

奈良地域デザイン研究所主催の「奈良の未来を語る~地域デザインの手法と実践~」が奈良市中部公民館で開催されました。

第一部:基調講演は、奈良地域デザイン研究所理事長の村内氏が「地域デザインの考えとその手法」と題して行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部 研究員による研究報告は、下記の通りでした。活発な質疑応答もあり、充実した発表会でした。

1.岡本道康 「森のねんどの人形展」川本邸での展示

2.大浦悦子 「みんなでつくる福祉地図」

3.景山康幸 「奈良の闇の文化」

4.武智 功 「歴史・文化を活かした地域の活性化」

5.南 哲朗 「元興寺の庚申信仰」

6.深町元子 「大切な命を輝かせて生きるために」

7.藤田 茂 「歴史から探る大和の美食」

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください