日本科学者会議京都支部で池原博士が講演しました

昨日、5月26日(土)、京都大学楽友会館において、日本科学者会議京都支部第27回自然科学談話会が開催されました。講師として招待された池原健二博士が「生命誕生への道を解き明かすGADV仮説」と題して講演しました。久しぶりに訪れた楽友会館は、新装なってきれいになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

池原博士の熱意溢れる講演に皆さん熱心に聞き入っていました。質疑も活発に行われました。講演内容は下記のとおりです。

1.はじめに

2.私が [GADV]-タンパク質ワールド仮説(GADV仮説)にたどりつくまでの過程

3.私の考える生命が生まれた道筋(GADV仮説)

4.RNAワールド仮説とGADV仮説

5.生命の起源の解明に向けて

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です