G&L共生研究所の看板が玄関に設置されました。

G&L共生研究所の看板が小春ビルの玄関に設置されました。これで、場所が良くわかるようになりましたので、来訪される方は目印にしていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

研究所の活動である「生命の起源」に関する研究では、サンディエゴでのISSOL(国際生命の起源学会)の報告が欧文科学雑誌に掲載されること、追分梅園組合・若年性認知症センター「きずなや」・近畿大学農学部、そしてG&L共生研究所が連携した追分梅・橘園を中心にした農福連携活動も進んでいます。また、「大地のいぶき農園」の野菜販売も10月3日(火)には開始の予定です。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です