菜の花と橘で結ぶ記紀・万葉の道めぐり

本日(11月1日)「菜の花と橘で結ぶ記紀・万葉の道めぐり」(大和の国・菜の花エコプロジェクト主催)が開催されました。9時に太陽食品株式会社に集合して、「ハト麦と健康」についての話を聞きました。有機栽培でつくったハト麦の効能についてお話を伺いました。その後、北永井町の宙塾で、芋ほりと菜の花の移植に参加しました。ツアーは、崇道天皇陵から山の辺の道を通って護国神社まで歩き、宮司さんのお話と奈良佐保短期大学の島村先生の菜の花についてのお話を聞きました。午後は、薬師寺へ移動し、写経を行いました。

記紀万葉の道めぐり172

DSC_0302

DSC_0304


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です