南相馬は元気でした。

4月22日、23日に、南相馬市で開催された「第17回全国菜の花サミット in 南相馬 2017」に参加しました。とても素晴らしい会でした。地震、津波、原発事故という3重苦を乗り越えて、菜の花栽培の意義が明確に示されたという意味で感慨深いものでした。南相馬農地再生協議会代表の杉内清繁氏が実行委員長をされていたこと、歓迎の挨拶をされた南相馬市長の桜井勝延氏の脱原発都市宣言市としての気概など、実に良かったです。会場はほぼ満員で熱気につつまれていました。

「トークでつなぐ事例報告」では、相馬農業高校生による「地元高校生の取り組み」、石井秀樹福島大学准教授による「被災地における農業再生」、関沼博立命館大学准教授による「原子力災害の現状とその向き合い方」、鶴島綾子氏(絆診療所)による」「長期避難・仮説住宅の現場の声」、杉内清繁氏(南相馬農地再生協議会代表)による「菜の花との出会いと農地再生」、林薫平氏(福島大学)による「南相馬での搾油所開設に向けて」のトークがありました。いずれも現地でないと分からない臨場感あふれるお話でした。6年前に2ヘクタールで始めた菜の花畑が現在70ヘクタールでなったということを聞き、放射能除染や塩害対策などを通して、南相馬が菜の花プロジェクトの中心地になりつつあると感じました。

「記念トーク」は、「チェルノブイリからフクシマヘ~菜の花が拓く未来~」と題した、桜井勝延氏(南相馬市長)、河田昌東氏(NPO チェルノブイリ救援・中部理事)、藤井絢子(NPO 菜の花プロジェクトネットワーク代表)による対談においても、原発事故と菜の花による再生との関係が明確に示されました。

記念公演として行われた「ウクライナの歌姫 ナターシャ・グジー コンサート~水晶の歌声とパンドウーラの可憐な響き~」では、素晴らしい歌声だけでなく、ナターシャさんがチェルノブイリ原発事故の被災者であったこともあり、心に残るコンサートでした。さらに、南相馬が誇る歌姫たち「MJCアンサンブル」による合唱、ウイーン少年合唱団と何回も共演しているということで素晴らしい歌声でした。

2日目の分科会は、第1分科会「原子力災害からの農業再生 ~食農の安全・安心~」、第2分科会「脱原発社会へ ~エネルギーと暮らしの地域自立~」、第3分科会「放射能との向き合い方 ~被災地で生きるために~」、第4分科会「食べて学ぼうバージンオイル ~全国なたねの競演~」でした。下の写真は、第1分科会の様子です。

 

奈良県環境県民フォーラムの総会が開催されました。

平成29年度奈良県環境県民フォーラムの総会が4月18日(火)奈良県文化会館において開催されました。総会では、イオンリテール株式会社及び市民生協協同組合ならコープからの寄付の受領及び感謝状贈呈式が行われ、その後、平成28年度の(1)事業報告、(2)収支決算報告、(3)10人委員会委員の選任、(4)平成29年度事業計画、(5)予算について審議がされ承認されました。学識経験者として参加の大石所長は、10人委員会委員に今年度も選任されました。楠下孝雄フォーラム代表からは、フォーラムとして県内環境情報について情報収集を行い、県民に公開する活動を行うための協力要請がありました。また、10月にはフォーラムの20周年記念事業として講演会等を行うことがアナウンスされました。

総会終了後、交流会が開催され、次の講演及び意見交換会が行われました。(1)「奈良県環境県民フォーラム 20年を振り返って」(松村佳子氏:前フォーラム代表、奈良教育大名誉教授)、(2)「きれいに暮らす奈良県スタイルについて」(奈良県環境政策課)、(3)「PCB特別措置法の一部改正及びPCB廃棄物の適正処理等について」(奈良県廃棄物対策課)。写真は、講演する松村氏です。

 

池原健二博士が西安で開催のCMCB-2017に参加します

2017年4月25日から27日まで、中国の西安で開催される「BIT’S 7th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology (CMCB-2017)」に参加します。

発表のタイトルは、「Protein 0th-order structure holds the key for understanding the origin of fundamental life system composed of gene, genetic code and protein(遺伝子、遺伝暗号、タンパク質からなる基本的な生命システムの起源を理解するために鍵となるタンパク質の0次構造)です。

乞うご期待!!

 

第17回全国菜の花サミット in 南相馬 2017

「第17回全国菜の花サミット in 南相馬 2017」が4月22日・23日で南相馬市文化会館で開催されます。4月22日は、「トークでつなぐ事例報告」①地元高校生の取り組み、②被災地における農業再生、③原子力災害の現状とその向き合い方、④菜の花との出会いと農地再生、「サミット in 南相馬」記念トーク:チェルノブイリからフクシマへ~菜の花が拓く未来~に関するシンポジウムが開催されます。23日には、分科会:①原子力災害からの農業再生、②脱原発社会へ~エネルギーと暮らしの地域自立~、③放射能との向き合い方~被災地で生きるために~、④食べて学ぼうバージンオイルの世界~全国なたねの競演~が開催されます。

 

歴史の道に春を見つけた。

今日は、朝方は雨模様でしたが、Green Gift 地球元気プログラムの「歴史の道に春を見つける!記紀万葉の道巡りと菜の花祭り」を決行しました。柳本駅に9時半に集合し、歩き出したら雨もやみました。黒塚古墳と天理市立黒塚古墳展示館を訪れ、復元された竪穴式石室と三角縁神獣鏡を見学しました。その後、伊射奈岐神社で子供たちが「奈乃葉菜油」を奉納しました。御朱印帳にも記帳していただきました。

崇神天皇陵を経由して、景行天皇陵東側の菜の花畑に到着しました。菜の花は丁度満開の状態で、皆さん大喜びでした。

菜の花畑では、菜の花油で揚げた菜の花の天ぷらと弁当で昼食をとり、その後に、写生大会を行いました。並河天理市長もかけつけてくれて、ご挨拶をしていただきました。小澤祐子さんの歌と黒住徹さんのギターで、青空のもとでのコンサートも行われました。

 

 

記紀万葉の道巡りと菜の花まつり


4月9日(日)、「歴史の道に春を見つける! 記紀万葉の道巡り」と「歴史の道に春を見つける! 菜の花まつり」を開催します。どちらも「Green Gift 地球元気プログラム」の一環として行われます。「記紀万葉の道巡り」は、9:20にJR桜井線長柄駅前に集合、大和神社で菜種油の奉納、山の辺の道散策の後、景行天皇陵東の菜の花畑にて「菜の花まつり」に合流します。「菜の花まつり」は、10:00から菜の花畑において開始されます。小・中学生による写生大会と青空コンサートが企画されています。 皆様のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生命の起原および進化学会」での発表好評でした。

3月29日(水)、「生命の起原および進化学会」において、G&L共生研究所の池原先生、大井さんの発表が無事終わりました。質問やコメントも多くあり、活発な議論ができました。懇親会場では、お二人がポスター展示でさらに「GADV仮説」について説明しました。G&L共生研究所から参加した大井さんと愛知県から急遽参加してくれた浜田君は、会場の一番前の席に陣取り、熱心に発表を聞いて、質問も活発にしていました。

奈良地域デザイン研究所総会が開催されました。

3月25日(土)、奈良地域デザイン研究所総会が奈良学園大学登美ヶ丘キャンパスにおいて開催されました。研究員、アドバイザー、デザインスクールの子供たち、一般の方々など50名ほどが参加しました。村内代表の開会の言葉で開始し、本年度の事業報告、来年度の事業計画、会計報告などの後、研究員の研究活動報告、アドバイザーからの挨拶がありました。研究員の1年間の努力の結集である「第1回研究報告書」の紹介もありました。各部門の紹介として、NCW(奈良クリエイティブウーマン)、デザインスクール、庚申フォーラム、共同研究の提案がありました。

「生命の起源および進化学会」の第42回学術講演会

「生命の起源および進化学会」の第42回学術講演会が328~30日、九州工業大学情報工学部(飯塚キャンパス)において開催されます。G&L共生研究所からは、下記の二つの発表がなされます。乞うご期待。

 329日(木)1000~1140のセッション

 L.19  GC-NSF(a)新規遺伝子生成仮説とタンパク質の0次構造

   池原 健二1,2、大井 良子1 (1G&L共生研究所、2国際高等研究所)

L.20  細菌ゲノムの解析によるGC-NSF(a) 仮説の検証

   大井 良子1、池原 健二1,2 (1G&L共生研究所、2国際高等研究所)

 

グリーンエネルギー新興投資組合

本日(3月23日)、朝から「山の辺の道ファンクラブ」が集合し、景行天皇陵横の山の辺の道沿いの菜の花畑の草刈りをしました。菜の花もチラホラと咲き始めていました。草刈りが終わってから、グリーンエネルギー新興投資組合の代表である鳥原氏と話をしました。グリーンエネルギー新興投資組合(株式会社シャープに所属する方たちが立ち上げた組合)は、太陽光発電装置などの設置を通して、再生可能エネルギー事業の発展に寄与することを目的としていて、売電収入に裏打ちされた高利回りの還付型債権を発行しています。今回、鳥原氏は、ヤンマーが開発した廃食油を燃料とする発電機を活用した事業を展開する目的で、菜の花プロジェクトとの連携を模索に来られました。菜種油などの食用油の廃食油を集めることも一緒にできるが、さらに私たちが管理している奈良県所有の耕作放棄地で行っている菜の花プロジェクトを共同して広げ、菜の花油田をつくれるのではないかということになりました。これから詳細は詰める必要がありますが、循環型社会を目指して共同して活動できそうで、夢が広がります。