追分梅園 観梅会

追分梅園のティピ

追分梅園観梅会が3月8日(木)から18日(日)まで開催されます。追分梅林はかつて、数千本の梅の木が植えられ、奈良の梅林として有名でしたが、10年ほど前に突然の水の滲出で、梅の木の多くが枯れる水災に見舞われ、その後、土地造成や梅の苗木の植樹など、地域の方々の復興にかけた努力によって、昨年から観梅会が開けるようになりました。でもまだ、梅園再開はほとんど知られていません。

今年は、チラシにあるように、10日間の期間を設け、奈良追分協議会が主催し、G&L共生研究所や近畿大学農学部学生有志が協力して野開催です。3月17日(土)と18日(日)には、大和橘の苗の植樹会も行います。記念植樹として、ぜひご参加ください。(両日先着20名様限りです。)両日は、若年認知症サポートセンターきずなやの農福連携の品物 や近畿大学の学生さんたちの温かい飲みもの店も出店します。

梅と橘は万葉集の時代から、その香りで多くの歌に詠まれています。平安時代には内裏の紫宸殿庭に「右近の橘、左近の梅(今は桜)」が植えられていたということです。梅林から少し上がると、アメリカインディアン住居として知られるテイピーが設置されたイベント広場があり、その周りに橘を植え、春から多彩なイベントが企画されています。大和橘は、日本の固有種ですが、絶滅が危惧されています。そこで、なら橘プロジェクト推進協議会を中心に、大和橘の復活と地域資源化が進められています。

再開された追分梅園観梅会に、大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

ちんゆいそだてぐさ

大和郡山市の郡山城址において、「ちんゆいそだてぐさ(現代工芸フェア2018)が5月19日(土:20日(日)に開催されます。大和郡山のイベントとして定着してきました。追手門櫓特別企画展として、「みちやすの世界「森のある日常」」があります。岡本道康氏は、「森のねんどのまちづくり」で活躍している方で、おがくずから作った森の粘土でいろいろな作品を作っています。奈良地域デザイン研究所の研究員としても活躍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アースデイ奈良2018が開催されました

アースデイ奈良2018が開催されました。快晴で温度が30度ほどになる夏日で、大勢の人が参加してくれました。宙塾からテントを借りて、奈良県環境県民フォーラムのブースを設置しました。環境県民だよりの最新号をA1判に拡大して、展示しました。また、廃食油の回収も受付横で行いました。外国からの観光客も多く、環境団体が設置したブースを覗いたり、カレー屋、パン屋、ジュースやコーヒー屋、民俗雑貨屋などを巡り楽しんでいました。フォーラムのブースに置いた椅子には、インドネシアからの二人連れの女性が疲れたので座らせてくれと言って、ゆっくりリラックスしていました。

受付

 

 

 

 

 

 

      

奈良県環境県民フォーラムブース

会場の賑わいを示す写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

追分梅園で菜の花が満開です

追分梅園の菜の花が満開になりました。去年の11月末とかなり遅くに種まきをしたので、どうなるか心配でしたが、立派に花を咲かせています。密度が高すぎて、成長が遅かったのですが、春になってから急に茎が伸びてきて、花をいっぱいつけました。ミツバチや蝶々が沢山訪れています。

キイチゴも元気に白い花をつけています。こちらにもミツバチや蝶々がいっぱい訪れています。もうじき、実もなることでしょう。テイピーは、しばらく前の強風で倒れてから、支柱を強化しているところです。

大和当帰の畑では、去年こぼれた種から新しい当帰が育っています。追分梅園の植物は、どれも元気です。黒いシートの上に60台設置する予定のレイズドベッドの準備に着々と進んでいます。

 

 

山の辺の道で菜の花祭り

今日は、「山の辺の道「菜の花」観賞会」が、山の辺の道ファンクラブの主催で開催されました。風が強く寒い1日となりましたが、雨は上がり、楽しいひと時となりました。小澤祐子さんの歌、黒住徹さんのギターによる青空コンサートも素晴らしかったです、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

景行天皇陵の東側には、橘、菜の花、雪やなぎなどが咲き乱れていました。道沿いの菜の花は、山の辺の道ファンクラブの方々が、お世話してきたものです。橘のまわりに菜の花を植えたのは、なら橘プロジェクトの久保田さんです。山の辺の道を歩く大勢の人達が、菜の花をバックに写真を撮っていました。山の辺の道ファンクラブの方々や久保田さんの努力のおかげで、山の辺の道がきれいになっていきます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

EARTH DAY NARA 2018

アースデイ奈良2018(EARTH DAY NARA 2018)が、4月21日(土)10:00~16:00に奈良公園登大路園地にて開催されます。地球と人を想う80のブースが集います。学びのブース、Workshop、Food & Lunch、Ethical Marketのブースがあります。また、スタンプラリーもあります。

奈良県環境県民フォーラムは、学びのブースとして、会場の東側に位置しています。奈良県環境県民フォーラムの活動をパネル展示しますから、ぜひお越しください。受付の近くには、廃食油リサイクル燃料にするために、使用済みてんぷら油を回収する場所を設けています。

 

佐保川の桜が満開です

佐保川べりの桜がほぼ満開になりました。桜祭りの準備もできて、のぼりやちょうちんが飾られています。樹齢170年の川路桜も見事な枝ぶりで花をつけています。

 

 

 

 

 

 

若草山を遠望する新大宮の橋の上からはこのような景色が楽しめます。

大仏鉄道記念公園のしだれ桜も満開です。

 

観梅会が無事終了しました。

追分梅林での観梅会が10日間の日程を、昨日終了しました。期間中、2日は天候不順のため観梅会中止となりましたが、昨日、一昨日の週末は、天気にも」恵まれ素晴らしい観梅会となりました。期間の前期は、白梅が盛りでしたが、後期には紅梅が盛りとなりました。

    

おかげさまで、大勢のお客さんが訪れてくれました。昔、追分梅林の最盛期のころに来てくれていたお客さんも多く、追分梅林の復興への活動を応援してくださいました。橘の苗の植樹会も好評で、子供たちも大喜びで苗を植え、名札をつけていました。


近隣の農家からは、地元野菜の販売が行われ好評でした。また、近畿大学農学部の学生たちがコーヒー屋とおしるこ屋をやってくれて、こちらも繁盛していました。開園前のミーテイングと販売ブースの様子です。
   

第43回 生命の起源および進化学会

43回 生命の起源および進化学会が3月15日(木)~317日(土)の日程で、埼玉大学において開催されます。G&L共生研究所の池原健二博士が、3日目の午前に下記タイトルで発表します。

 

「生命はどのようにして生まれたか?GADV 仮説と RNA ワールド仮説」

    〇池原 健二 (G&L 共生研究所, 国際高等研究所)

 

RNA ワールド仮説」では、「初期の生命はRNAを基礎としており、後にDNAにとって替わられた」とする仮説である。それに対して、「プロテインワールド仮説」は、「タンパク質がまずはじめに存在し、その後タンパク質の有する情報がRNAおよびDNAに伝えられた」とする仮説である。池原健二博士は、「GADV仮説」すなわち、グリシン(G)、アラニン(A)、アスパラギン酸(D)、バリン(V)の4つのアミノ酸からなるタンパク質が酵素を形成し、それが生命の起源につながったという仮説を提唱しています。「RNA ワールド仮説」では、生命の起源を説明するのは難しいのに対して、「GADV仮説」は、遺伝暗号形成とも関連して、現在最も論理的に生命の起源を説明できる説だと思います。鍵をにぎるのは、遺伝暗号とアミノ酸を結ぶtRNAの形成だと思われます。

池原健二博士の発表の成果が期待されます。

 

追分梅林観梅会が毎日新聞と産経新聞に載りました。

追分梅林観梅会が、本日(3月10日(土))の毎日新聞と産経新聞の朝刊に、カラー写真付きで載りました。昨日、一昨日と天気が悪く、寒さも厳しかったのですが、今日は、午前中は寒かったのですが、午後になってとても良い天気になりました。新聞記事を見たという方が大勢訪れてくれました。受付の横では、地元野菜、「たっくんのバームクーヘン」、橘バターなどの販売も行いました。

 

毎日新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産経新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追分梅園の観梅会が始まりました

本日(3月8日(木))、追分梅林の観梅会が開始しました。ここしばらく暖かい日が続いたので、梅も開花し、観梅会が可能な状況となり、皆ホッとしたところです。朝早くから、若者たちが受付のテントを張ったり、駐車場の準備をしてくれたりしてくれていました。曇りで風が強く、観梅会には天気が良くなかったのですが、10時の開始から午前中に10人ほどのお客さんがありました。10年ほど前に水が出て、梅林がダメになってしまって、土地を造成し直し、4年ほど前に植えた苗は、まだ小さく、まばらに花をつけている状態です。70本ほどの古木の梅は、立派に花をつけて、梅の香りが漂っています。来週には、満開の梅が楽しめることと思います。